高津川漁協からのお知らせ
お知らせ
【3月1日渓流釣りが解禁となりました。漁期:3月1日~8月31日】

【重要なお知らせ】
現在、高津川の全面禁漁は10月11日から11月30日までと設定されていますが、鮎の資源状況によっては繁殖保護上やむを得ず全面禁漁期間の開始日を早める可能性があります。その場合は、事前にHP、漁協掲示板、立て看板等でお知らせしますのでご注意ください。高津川のアユを守っていくための取り組みにご理解をお願いします。

8月4日益田市猪木谷町でクマの目撃情報がありました。ご注意ください。
平成22~25年度、高津川は4年連続水質日本一になりました。(国土交通省発表)
◎ご注意とお願い
平成24年度から、あゆ竿釣りと投網の年鑑札で、写真が必要になりました。運転免許証の写真と同サイズ(2.5×3センチ)のものを交付所に持参下さい。皆様のご協力をお願い致します。遊漁料他についてのご質問はお電話で受付けていますのでよろしくお願いします。  

平成29年度稚アユ放流実績報告はこちら

平成29年度遊魚料一覧はこちら

宿泊施設などはこちら

道路工事の状況は島根県のHPで確認して下さい。→ 島根県のHP  島根県ウェブカメラ

河川の映像はこちら。→ 河川カメラ

水位雨量情報はこちら。→ 水位雨量情報

平成29年度の稚あゆの放流実績をお知らせします。

3月27日から放流開始、5月15日頃までに計画では80万尾の放流を行う予定です。
(予定数放流後、余分があれば今年も20万尾ほどの追加放流を行う予定です)




日 付放流場所放流尾数
3月27日本流:益田市安富町、高城本流地区5,000+2,000=7,000尾
3月27日匹見川:白岩、豊川、真砂地区13,750+10,500+5000
             =29,250尾
3月28日本流:青原、日原発電所上、下流6,000+11,000+2,000
             =19,000尾
3月28日本流:左鐙地区、津和野川5,000+3,000=8,000尾
3月29日本流:夜打原上、柿木地区、
 発電所減水区間
7,000+15,000+10,000
             =32,000尾
3月29日本流:福川川5,000尾
3月30日本流:七日市、朝倉、六日市地区10,000+5,000+5,000
             =20,000尾
3月31日匹見川:土井・大津、澄川、広瀬地区2,000+2,000+2,000
             =6,000尾
3月31日匹見川:千原ダム上流24,500尾
4月17日本流:益田、中西、高津地区2,000+2,000+4,000
             =8,000尾
4月17日本流:豊田地区5,000尾
4月17日匹見川:白岩上・下、豊川、真砂地区16,000+16,250+6,000
             =38,250尾
4月17日本流:向横田・神田地区7,500尾
4月20日本流:七日市、六日市、朝倉地区20,000+5,000+15,000
             =40,000尾
4月20日本流:高尻川5,000尾
4月21日匹見川:土井・大津、澄川、広瀬地区3,500+3,500+2,000
             =9,000尾
4月21日匹見川:千原堰堤上流・紙祖川42,500尾
4月22日本流:柿木発電所減水区間、柿木地先、夜打原上12,000+16,000+8,000
             =36,000尾
4月22日本流:福川川8,000尾
4月22日現在350,000尾


天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ