FC2ブログ
高津川漁協からのお知らせ
(祝)2019年(令和元年)度、高津川は水質日本一になりました。(国土交通省発表)

お知らせとお願い
●新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、体調がすぐれない場合、釣行は控えてください。また、オトリ購入や遊漁券の交付を受ける時、その他の買い物に行かれる時などは、マスクの着用や手指の消毒等の対策をお願い致します。高津川漁協では従業員も基本的にマスクの着用をさせて頂きますのでご理解の程宜しくお願い致します。
●渓流釣り漁期は3月1日から8月31日までです。
●遊漁証交付所について、益田市匹見町の「やすらぎの湯」・「レストパーク」様は休業中です。匹見町の臨時交付所として森本商店様が鑑札の取り扱いを始めます。休日等は漁協HPの情報をご確認ください。匹見町は鑑札の取扱店が少ないため、あらかじめご確認をお願いいたします。

【重要なお知らせ】 全川全面禁漁前倒しについて
令和2年度も全川全面禁漁は開始日を10日間前倒し、10月1日から11月30日に決定しました。アユ資源保護のためご理解の程宜しくお願い致します。

近年クマの目撃情報があります。ご注意ください。
平成22~25年度、高津川は4年連続水質日本一になりました。(国土交通省発表)
◎ご注意とお願い
平成24年度から、あゆ竿釣りと投網の年鑑札で、写真が必要になりました。運転免許証の写真と同サイズ(2.5×3センチ)のものを交付所に持参下さい。

令和3年度稚ヤマメ放流実績報告はこちら

令和2年度遊魚料一覧はこちら

宿泊施設などはこちら

道路工事の状況は島根県のHPで確認して下さい。→ 島根県のHP  島根県ウェブカメラ

河川の映像はこちら。→ 河川カメラ

水位雨量情報はこちら。→ 水位雨量情報

令和3年度分 ヤマメ放流実績報告

今年もヤマメの稚魚の放流を行っています。

10月8日から開始し、10月20日までに放流しました。

日 付放 流 場 所放 流 尾 数(平均サイズ:g)
10月 8日本流:高津地区1,000尾(サクラマスの幼魚)
10月12日本流:蓼野川、鹿足河内川4,500+2,500=7,000尾
(20g)
10月12日本流:高尻川9,000尾(20g)
10月13日匹見川:匹見上(禁漁区)、匹見川上流2,400+3,600=6,000尾
(20g)
10月13日匹見川:広見川3000尾(20g)
10月14日本流:横道川8,000尾(19g)
10月15日本流:福川川15,000尾(18g)
10月15日本流:名賀川2,000尾(18g)
10月16日匹見川:紙祖川12,000尾(16g)
10月16日 匹見川:落合川、能登川、戸村川2,000+2,000+1,000
=5,000尾(18g)
10月17日匹見川:紙祖川、古江道谷川11,000+1,000=12,000尾
(16g)
10月19日匹見川:赤谷川6,000尾(16g)
10月20日匹見川:石谷川4,000尾(16g)
  合 計 尾 数      90,000 尾


天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ
令和2年度 稚あゆ放流実績報告

3月31日から放流を開始しました。5月20日頃までに計画では80万尾の放流を行う予定です。
(予定数放流後、余分があれば今年も最大で20万尾ほどの追加放流を行う予定です)
5月7日より追加分の放流を始めました。(一部本放流が終わる前です)
5月15日で放流が完了しました。
今年は120万6000尾で、昨年より約10万尾多く放流できました。


日 付放流場所放流尾数
3月31日本流:高津地区20,000尾
4月 6日本流:青原地区、日原発電所上下 5,000+20,000=25,000尾
4月 6日匹見川:白岩、豊川・真砂地区 10,000+20,000=30,000尾
4月 7日本流:豊田地区、高城本流地区10,000+10,000=20,000尾
4月 7日匹見川:土井・大津、澄川地区10,000+10,000=20,000尾
4月11日匹見川(横田町・放流イベント)、本流(豊田地区)5,000+5,000=10,000尾
4月11日匹見川:広瀬地区10,000尾
4月16日本流:七日市地区、朝倉地区20,000+10,000=30,000尾
4月17日本流:青原地区、日原発電所上下5,000+25,000=30,000尾
4月17日匹見川:千原ダム上流30,000尾
4月21日本流:高津、中西地区10,000+10,000=20,000尾
4月21日匹見川:白岩地区、豊川真砂地区20,000+20,000=40,000尾
4月21日匹見川:土井大津地区、澄川地区、広瀬地区10,000+10,000
   +10,000=30,000尾
4月22日本流:青原地区、日原発電所上下10,000+20,000=30,000尾
4月22日本流:減水区間、柿木地先下流25,000+25,000=50,000尾
4月23日本流:津和野川(日原地区)15,000円
4月23日本流:六日市、七日市、朝倉地区5,000+20,000+10,000
          =35,000尾
4月24日本流:福川川10,000尾
4月24日匹見川:千原堰堤上~紙祖川40,000尾 
4月27日本流:豊田地区、高城本流地区10000+15,000=25,000尾
4月27日本流:柿木地先、夜打原上流15,000+20,000=35,000尾
4月28日本流:左鐙地区10,000尾
4月28日本流:七日市、高尻川・蓼野川、
朝倉地区
20,000+15,000
   +20,000=55,000尾
4月29日本流:六日市地区10,000尾
4月29日匹見川:千原堰堤上~紙祖川・
匹見発電所上流地区
50,000尾
4月30日本流:夜打原上流地区15,000尾
4月30日匹見川:白岩上下、豊川・真砂10,000+15,000=25,000尾
5月 1日本流:左鐙地区、横道川13,000+7,000=20,000尾
5月 1日本流:福川川20,000尾
5月 7日匹見川:発電所上10,000尾
5月 7日追)匹見川:澄川、広瀬地区15,000+15,000=30,000尾
5月 7日追)本流:豊田地区15,000尾
5月 7日追)本流:高津地区10,000尾
5月11日追)匹見川:白岩上・下50,000尾
5月11日追)匹見川:土井・大津地区20,000尾
5月12日本流:津和野川30,000尾
5月12日追)本流:減衰区間・柿木地先下40,000尾
5月13日追)本流:高城本流地区、匹見川、豊川地区15,000+10,000=25,000尾
5月13日追)匹見川:千原堰堤上40,000尾
5月14日追)本流:青原地区、日原発電所上下30,000+60,000=90,000尾
5月14日追)本流:福川川10,000尾
5月15日追)本流:七日市、六日市地区25,000+10,000=35,000尾
5月15日追)本流:柿木地区、日原地区10,000+10,000=20,000尾
5月15日追)匹見川:白岩上下、澄川地区、広瀬地区11,000+5,000+5,000
          =21,000尾
   
   
  1,206,000尾



天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ
3月31日に稚鮎の放流が始まりました。

これから5月20日頃まで各地区に放流していきます。

計画80万尾の他、追加放流をできるだけ多くできるよう努めていきます。

放流実績は後日掲載しますので、しばらくお待ちください。

天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ
令和2年度分 ヤマメ放流実績報告

今年もヤマメの稚魚の放流を行っています。

11月8日でヤマメの放流が完了しました。


日 付放 流 場 所放 流 尾 数(平均サイズ:g)
 10月13日本流:鹿足河内川、名賀川2,500+2,000=4,500尾(18g)
10月16日本流:高尻川、蓼野川9,000+4,500=13,500尾(18g)
10月17日本流:福川川、横道川4,000+8,000=12,000尾(18g)
10月18日本流:福川川、古江堂谷川11,000+1,000=12,000尾(18g)
10月19日匹見川:匹見上(禁漁区)、匹見川上流2,400+3,600=6,000尾(15g)
10月19日匹見川:赤谷川、広見川6,000+3,000=9,000尾(15g)
10月21日匹見川:紙祖川12,000尾(15g)
10月22日匹見川:紙祖川11,000尾(15g)
10月23日匹見川:石谷川、能登川4,000+2,000=6,000尾(16g)
10月23日 匹見川:落合川、戸村川2,000+1,000=3,000尾(16g)
11月 8日高津川本流:高津地区1,000尾(サクラマスの幼魚)
  合 計 尾 数      90,000 尾


天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ
平成31年度 稚あゆ放流実績報告

4月11日から放流を開始しました。5月20日頃までに計画では80万尾の放流を行う予定です。
(予定数放流後、余分があれば今年も最大で20万尾ほどの追加放流を行う予定です)

稚あゆは約4g(7~8センチ位)です。できる限り大きく育成して放流していきます。

5月2日現在、稚あゆは計画分以外20万尾以上は余剰分がありそうです。
日程の関係上、追加放流分の一部をすでに放流しています。

5月17日分で放流が終了しました。
(放流数の内、5月17日柿木地区の5000尾はイベント放流で5月21日に放流となりました。)
今年は余剰分が多く育成できましたので、計画80万尾より325,000尾多い1,125,000尾が放流できました。
これが良い釣果につながればいいと期待しています。

日 付放流場所放流尾数
4月11日本流:高津・中西地区20,000尾
4月11日本流:高城本流地区(向横田)10,000尾
4月12日本流:青原地区、津和野川5,000+5,000=10,000尾
4月12日本流:日原発電所の上下30,000尾
4月12日匹見川:白岩地区、豊川・真砂地区 10,000+15,000=25,000尾
4月13日匹見川:横田町(イベント放流)5,000尾
4月15日本流:青原地区、日原発電所上下5,000+15,000=20,000尾
4月15日匹見川:白岩地区、豊川・真砂地区20,000+20,000=40,000尾
4月16日本流:豊田地区、高城本流(神田)25,000+15,000=40,000尾
4月16日本流:左鐙地区13,000尾
4月18日本流:柿木地先、柿木減水区間15,000+10,000=25,000尾
4月18日匹見川:土井・大津、澄川、広瀬地区10,000+10,000+10,000
              =30,000尾
4月19日本流:夜打原上(柿木)15,000尾
4月19日匹見川:白岩地区、豊川・真砂地区10,000+20,000=30,000尾
4月23日本流:益田・吉田地区、高津地区10,000+10,000=20,000尾
4月23日本流:七日市、六日市、朝倉地区20,000+5,000+10,000
              =35,000尾
4月25日本流:柿木減水区間、柿木地先下流
    夜打原上
10,000+15,000+15,000
              =40,000尾
4月25日匹見川:千原堰堤上流35,000尾
4月26日本流:青原地区、日原発電所上下、
    津和野川
10,000+20,000+10,000
              =40,000尾
4月26日本流:福川川20,000尾
5月1日匹見川:土井・大津、澄川地区、
     広瀬地区
10,000+10,000+10,000
              =30,000尾
5月1日本流:七日市地区(本流)、朝倉地区
    六日市地区、高尻川
20,000+15,000+5,000
     +5,000尾 =45,000尾
5月2日匹見川:千原ダム上・紙祖川、
     匹見発電所上
40,000+5,000=45,000尾
5月7日本流:左鐙地区、横道川10,000+7,000=17,000尾
5月7日本流:減水区間、夜打原上、
    柿木地区地先
5,000+5,000+10,000
            =20,000尾
5月10日本流:福川川10,000尾
5月10日本流:七日市地区、朝倉地区(本流)、
    高尻川 
20,000+15,000+5,000
            =45,000尾
5月13日本流:六日市地区、七日市地区10,000+10,000=20,000尾
5月13日匹見川:匹見発電所上、千原堰堤上
     紙祖川
10,000+30,000+10,000
             =50,000尾
5月14日本流:津和野地区30,000尾
5月15日本流:日原発電所下、青原地区45,000+10,000=55,000尾
5月15日匹見川:土井・大津地区20,000尾
5月15日匹見川:豊川地区、白岩上、白岩下20,000+20,000+20,000
              =60,000尾
5月16日匹見川:千原堰堤上、広瀬地区
     澄川地区
20,000+20,000+20,000
              =60,000尾
5月16日本流:豊田地区、高津地区25,000+20,000=45,000尾
5月17日本流:柿木地先下流、柿木減水区間40,000+20,000=60,000尾
(内5000尾は5月21日のイベント放流へ)
5月17日本流:高城地区10,000尾
 5月17日で終了1,125,000尾



天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ