高津川漁協からのお知らせ
お知らせ
【3月1日渓流釣りが解禁となりました。漁期:3月1日~8月31日】

【重要なお知らせ】
現在、高津川の全面禁漁は10月11日から11月30日までと設定されていますが、鮎の資源状況によっては繁殖保護上やむを得ず全面禁漁期間の開始日を早める可能性があります。その場合は、事前にHP、漁協掲示板、立て看板等でお知らせしますのでご注意ください。高津川のアユを守っていくための取り組みにご理解をお願いします。

8月4日益田市猪木谷町でクマの目撃情報がありました。ご注意ください。
平成22~25年度、高津川は4年連続水質日本一になりました。(国土交通省発表)
◎ご注意とお願い
平成24年度から、あゆ竿釣りと投網の年鑑札で、写真が必要になりました。運転免許証の写真と同サイズ(2.5×3センチ)のものを交付所に持参下さい。皆様のご協力をお願い致します。遊漁料他についてのご質問はお電話で受付けていますのでよろしくお願いします。  

平成29年度稚アユ放流実績報告はこちら

平成29年度遊魚料一覧はこちら

宿泊施設などはこちら

道路工事の状況は島根県のHPで確認して下さい。→ 島根県のHP  島根県ウェブカメラ

河川の映像はこちら。→ 河川カメラ

水位雨量情報はこちら。→ 水位雨量情報

今日は早朝から雨が降り出しました。

それほど強い雨ではないようですが、天気予報では2、3日は雨が降りやすいようなので、雨量によってはまた水位が上昇するかもしれません。

今のところ水位は平水より10~20センチ高い程度まで戻っています。
濁りも今はほとんどありません。

天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ
今日は天気が崩れましたが、弱い雨なので現在のところ影響はほとんどありません。
明日から2日は良い天気になる予報が出ています。

釣果はそれほど変わっていませんが、鮎の型が若干大きくなった気がします。
(持ち込まれた中の一番大きい型のサイズが、これまでより大きい気がします。)
それでも平均の型では、まだ例年に比べて小ぶりだと思います。

天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ
昨日の釣果
匹見川
組合に持ち込まれた方では、多い方で30~35匹程度の方がおられました。
サイズは15~16センチが中心でした。大きいもので18センチ程度でした。
他に20匹前後の方や、10匹程度の方もいました。

川の状況について
昨晩雨が降った影響が出ています。
本流は柿木、津和野でまとまった雨があったので濁りが出ています。
午前6時頃はそれほどひどくなかったですが、これから濁りが濃くなるかも知れません。

匹見川は午前6時で、それほどの影響は出ていませんでした。
水位情報では若干(5~10センチほど)水位が上がっているようでした。
濁りはほとんど出ていませんでした。

天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ
昨日から梅雨入りし、昼前から雨が降っていますが、水位はそれほど増えていません。

それまで晴れが続いて水位が下がっていたので、それが戻った程度です。

釣果について(6月4日匹見川方面、午前中の情報)

匹見川中流~下流の釣果は、5匹前後の方が主で、サイズも大きいもので18センチ程度、主は15センチ程度のようです。

匹見川上流域(紙祖川含む)の釣果は多い方では50匹という方もおられたようですが、サイズは小さいものが多かったようです。
平均で15~20尾の方が多いようで、大きいもので18センチまでということでした。

天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ
本日高津川のあゆ竿釣りが解禁となりました。
今年は昨年よりは良いですが、遡上も少なく、時期も遅かったので成長も遅れている状況のようです。

釣り人も上流部に集中していたようです。

以下午前中に入った情報です。

全体的に釣果は良くありませんが、匹見の町(匹見川上流部)では朝からよく掛かっていたようです。
中には午前9時の時点で25匹(17~18センチのものもいたようです)掛けていた方もいました。
匹見川中流では群れで見えますが、型が小さいので掛からないようです。

本流上流部は午前9時の時点では釣果は殆ど無かったようです。
あゆの姿は見えるものの、型も小さく、群れになっているなど、成長していないので掛からないようです。
本流左鐙では午前8時の情報では多い人で5匹程度のようです。

組合では高津川のあゆの買取をしていますので、少なくても構いませんのでお気軽に持ち込んでください。
よろしくお願いします。

天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ