高津川漁協からのお知らせ
お知らせ
鮎漁は10月1日より11月30日まで、全川全面禁漁となりました。

【重要なお知らせ】  全川全面禁漁前倒しについて
現在、高津川の全面禁漁は10月11日から11月30日までと設定されていますが、鮎資源は依然として厳しい状況にあり、繁殖保護上散乱親魚を保護するため、全面禁漁期間の開始日を10日間早める対策を実施いたします。高津川のアユを守っていくための取り組みにご理解をお願いします。 平成29年度全面禁漁期間 10月1日~11月30日までとなります

今年もクマの目撃情報がありました。ご注意ください。
平成22~25年度、高津川は4年連続水質日本一になりました。(国土交通省発表)
◎ご注意とお願い
平成24年度から、あゆ竿釣りと投網の年鑑札で、写真が必要になりました。運転免許証の写真と同サイズ(2.5×3センチ)のものを交付所に持参下さい。皆様のご協力をお願い致します。遊漁料他についてのご質問はお電話で受付けていますのでよろしくお願いします。  

平成30年度稚ヤマメ放流実績報告はこちら

平成29年度遊魚料一覧はこちら

宿泊施設などはこちら

道路工事の状況は島根県のHPで確認して下さい。→ 島根県のHP  島根県ウェブカメラ

河川の映像はこちら。→ 河川カメラ

水位雨量情報はこちら。→ 水位雨量情報

平成30年度分 ヤマメ放流実績報告

10月14日から10月25日にかけて放流を行いました。

追加分 100gの成魚1000尾を10月31日 本流下流域に放流しました。
日 付放 流 場 所放 流 尾 数(平均サイズ:g)
 10月14日匹見川:紙祖川8,000尾 (30g)
 10月16日匹見川:紙祖川8,000尾 (30g)
 10月16日本流:横道川8,000尾 (30g)
10月17日匹見川:紙祖川8,000尾 (30g)
 10月18日  匹見川:石谷川4,000尾 (22g)
 10月19日本流:福川川8,000尾 (22g)
10月20日本流:福川川8,000尾 (22g)
10月20日匹見川:落合川、能登川、戸村川2,000+2,000+1,000=5,000尾(22g)
10月21日本流:名賀川(津和野川)2,000尾 (22g)
10月21日本流:鹿足河内川2,500尾 (22g)
10月24日匹見川:匹見川上6,000尾 (25g)
10月24日匹見川:赤谷川6,000尾 (25g)
10月25日本流:高尻川、蓼野川9,000+4,500=13,500 (25g)
10月25日匹見川:広見川3,000尾 (25g)
  合 計 尾 数          90,000尾


天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ
今シーズンの鮎漁が(実質)終了しました。
今年も多くの釣り人に高津川へ来ていただきました。

高津川では、以前からお知らせしていた通り、本日10月1日より11月30日まで、高津川は鮎漁の全川全面禁漁を実施いたします。
今年の鮎資源も依然として厳しい状況にあるため、予定より10日間前倒しでの全面禁漁の実施となります。
来シーズンへ向けて、鮎資源の保護のため、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

ありがとうございました。

天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ
本日9月30日で鮎漁が一旦終了となります。
明日10月1日から11月30日まで全川全面禁漁となります。
今日は天気も良いので、川に入られる場合は事故に気をつけて釣りを楽しんで下さい。

天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ
昨日は昼前から雨が降り、風の強い1日でした。
今日も雨が降り続いており、風も強い状態です。

水位も昨日と比べて、現在のところ10センチ前後上昇しています。

天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ
今シーズンも残り(実質)数日となりました。

今年は平年に比べて落ちあゆになる時期が少し早いように思われます。
先週から下流などに下って群れになっているものも度々見られているようで、友釣りに掛かりにくくなっていたようです。
匹見川上流部では9月中旬から子持ちになってきているアユも見られたようです。

明日も天気が悪いようなので、最後になかなか思うようにできないかもしれません。


天然あゆ・天然川ガニ・天然ウナギ・天然あゆ加工品をご購入の場合は高津川漁協サイトへ